スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

思えば長い時が経ったもんだ

昨日、身内に不幸があり
お別れの時に立ち会って参りました。

自分が存在するには不可欠なお方が
亡くなるというのは
哀しいもので寂しいものです。

思えば私グリコ母も彼是
四半世紀前には自分が存在する為には
不可欠な方が亡くなっていたわけで。

あんまりにも幼かった私には
しばし現実というものを受け止めるのに
他の人より時間が掛ったと思う。

でも、現実を思い知るのは
ドラマティックな展開ではなく
意外に日常の一場面で思い知るわけで。

他の人より自分には大きな存在が足りないんだ、と
思い知るわけで。

寂しい、という言葉にすると
陳腐で鳥肌もんの感情が沸いてくる。

今となってはどんな人で
どんな声だったのかも覚えていないけど
それはそれで執着もなく過ごせている。

アルお方は
体を張ってこの出会う機会を
もうけて下さったという。

まさにそうだと思う。
こういう機会がある度(しょっちゅうでは困りますが)
私は思い出す。

決して忘れないであろう人。
私も旅立つ時に会えればいいな。

その時にはもうその人は
違う世界へ旅立っているだろうか。




そばに居てね
そばにいるよ
スポンサーサイト
  1. 2009/02/17(火) 21:37:27|
  2. 家族のこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。